SERMON

毎週日曜日の聖書からのお話し

『イエス様は命、そして光』

ヨハネによる福音書 1:1~5

アドヴェント第2聖日
言=イエス・キリスト様。
では、言はどんな方で、
何をするためにこの世に来てくださったのでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.12.9

『道を誤ったわたしたちのために』

イザヤ書 53:6

アドヴェント第1聖日
救い主イエス様の御降誕に備える時、
アドヴェントに入りました。
本日は、イエス様がなぜ、
この世に来てくださったのか、その意味を
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.12.2

『人の子には枕する所もない』

マタイによる福音書 8:18~22

主からの召命の教え、その最終回です。
イエス様は召しに対していかに生きるかを
ここで教えてくださいました。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.11.25

『ぜひあなたの家に泊まりたい』

ルカによる福音書 19:1~10

イエス様は地上での最後の一週間を過ごされるために、
エルサレムに向かっておられました。
そんな時、イエス様はわざわざえりこという町に寄られたのです。
そこでどのようなことがあったでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.11.18

『わたしに従いなさい』

ルカによる福音書 5:27~32

本日は徴税人レビへの招きに聴きましょう。
彼への召命はどのような意味と教えがあるでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.11.11

『死は勝利にのみ込まれた』

コリントの信徒への手紙一 15:50~58

召天者合同記念主日礼拝
本日の礼拝は、召天者合同記念主日礼拝でした。
先人たちの信仰を思い起こし、
それに倣い、私たちも信仰を遺産を残しましょう!
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.11.4

『わたしについて来なさい』

マルコによる福音書 1:16~20

イエス様の弟子たちへの召命の言葉はなんでしょうか。
また、召命の言葉に彼らはどのように応えたでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.10.28

『悔い改めよ。天の国は近づいた』

マタイによる福音書 3:1~6

新約の時代、一番先に主の召しを受けたのは、
バプテスマのヨハネでした。
では、彼は、新しい時代、どんな言葉をもって
神様のことを語ったでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.10.21

『わたしはあなたたちを愛してきた』

マラキ書 1:1~5

12小預言書の最後、そして、旧約の最後の書物、マラキ書。
これから始まろうとしている暗い時代(信仰における)を前に、
神様は彼にどんな言葉を託されたでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.10.14

『わたしに立ち帰れ』

ゼカリヤ書 1:1~6

ハガイと同時代に立てられた預言者ゼカリヤ。
神様は彼にどのような預言を託されたでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.10.7

『主の神殿を再建する時』

ハガイ書 1:1~8

ハガイの預言の時代は
今までの預言書とは異なり、捕囚から帰還が
果たされた後の時代の預言となります。
では、彼はどんな預言を語ったのでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.9.30

『すべてのものを一掃する』

ゼファニヤ書 1:1~6

預言者ゼファニヤに関してはあまり知られいないかも知れません。
しかし、彼の預言とその働きは
時代を変えるものであったのです。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.9.23

『しかし、わたしは主によって喜び』

ハバクク書 3:17~19

預言者ハバククは、
自らの嘆きと叫びを持ってこの書を初めています。
しかし、その結論は驚くほど、違うものでした。 
 
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.9.16

『主は熱情の神』

ナホム書 1:1~3

 
ナホムはニネベに関する預言を残しました。
それにはどのような意味があったんでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.9.2

『諸国の民よ、皆聞け!』

ミカ書 1:1~2

ミカの預言の言葉は厳しいと言われています。
彼は誰に、そして、何を預言したでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.8.26

『それは正しいことか』

ヨナ書 4:1~3

小預言書(預言者)のうち、
最も知られていると言えるヨナ(書)。
彼が使命を果たした時、ニネベの人々は思わぬ反応を示しました。
ところが、それを見たヨナはさらに思わぬ反応を示したのです。
どういうことが起こったのでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.8.19

『しかし主から逃れようとして』

ヨナ書 1:1~3

小預言書(預言者)のうち、
最も知られていると言えるヨナ(書)。
彼に起こった出来事は
私たちに何を教えているでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.8.12

『主からの知らせ〜回復』

オバデヤ書 19~21

旧約聖書のうち、最も短い聖書、オバデヤ書。
しかし、そこにはとても重要な預言がなされています。
神様は彼に何を語らせたのでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.8.5

『行って、わが民に預言せよ』

アモス書 1:1

アモスは南ユダの出身ですが、
北イスラエルへ派遣された、いわば宣教師でした。
そんな彼はどんな人だったのでしょうか。
また、何を語ったのでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聴きください。
2018.7.29

『今こそ、心からわたしに立ち帰れ』

ヨエル書 2:12~14

ヨエルは、イザヤなどと比べれば
それほど知られてはいない預言者だったと言えるかも知れません。
しかし、彼もまた神様から託された言葉をしっかり
語った預言者でした。彼は何を預言したでしょうか。
ぜひ、御言葉から主の教えをお聞きください。
2018.7.22

『自分を汚すまいと決心し』

ダニエル書 1:6~16

ダニエルはイザヤやエレミヤ、
そして、エゼキエルとは違うスタートでしたが、
彼もまた預言者でした。
そんな彼の召命に当たる決心はどのような
ものであったでしょうか。
ぜひ、御言葉からお聞きください。
2018.7.8

『わたしは神の顕現に接した』

エゼキエル書 1:1~3

エゼキエルの召命。
エゼキエルの召命には
イザヤやエレミヤとは異なる特徴がありました。
それは何でしょうか。
ぜひ、御言葉からお聞きください。
2018.7.1